抵抗できないか弱い動物の命を弄び、なぶり殺しにした10代少年。このほどその2人の裁判が行われ、罪を認めた2人は実刑判決を免れた。しかし世間からは「そんな判決甘すぎる!」と怒りの声が殺到している。英メディア『Somerset County Gazette』『Metro』などが伝えた。

2017年7月19日、英サマセット州で痛ましい事件が起こった。同州トーントンとブルートンに住む当時16歳の少年2人(法律上、名は公表されず)が、他人のペットだったウサギに激しい暴行を加えて虐待死させたのだ。同州南部にあるヨービル青年裁判所で行われた裁判では、RSPCA(英国王立動物虐待防止協会)を代表してマシュー・ナイト検察官が、当時の事件の残虐さを語った。

少年のうち1人は、庭を逃げ回るウサギを野球のバットを持って追いかけ回し「殺してやる」と叫んでいたという。そして2人は捕まえたウサギをバックパックに入れ、地面に2度叩きつけた。それでもウサギが生きていたことから1人が頭部を激しく蹴りつけ、さらに2人はウサギを大型キッチンナイフや串で刺し火をつけた後、道路脇に遺棄したことを供述した。

これらの残虐極まりない行為を1人の少年が写真撮影した。後に少年の母親が息子の携帯電話にウサギの死骸写真を見つけ、またもう1人の少年が放火されたウサギの写真をスナップチャットのプロフィール画面として投稿したことにより、2人の行為が発覚した。檻からウサギがいなくなっていることに気付いた飼い主にも、2人は「自分たちがウサギを殺した」と認めたという。