病を患う双子の弟たちを救うため、4歳兄が骨髄ドナーに

アメリカで、双子の男児が「慢性肉芽腫症」という病に罹った。

この病気の重症者は、早期に造血幹細胞移植が必要になるという。
そこで、弟たちを救うため、4歳の兄が骨髄ドナーとなることが分かった。